About

このウェブサイト「宗教学講義 Cours des Religions」( http://keijiueshima.net )は、宗教人類学者 植島啓司 の講演スケジュールなど最新情報と著書や講義の記録などこれまでの活動を紹介するアーカイヴサイトです。

IMG_0009

(撮影:森川 由美)

 

植島 啓司 (うえしま けいじ)プロフィール

宗教人類学者。1947年東京生まれ。東京大学卒。東京大学大学院博士課程修了。ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授など歴任。著書『男が女になる病気』『分裂病者のダンスパーティ』『聖地の想像力』『偶然のチカラ』『世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く』『日本の聖地ベスト100』『処女神 – 少女が神になるとき』他多数。

 

主な著書

『運は実力を超える』(角川新書)
『伊勢神宮とは何か – 日本の神は海からやってきた』(集英社新書)
『きみと地球を幸せにする方法』(集英社インターナショナル)
『処女神 – 少女が神になるとき』(集英社)
『官能教育 – 私たちは愛とセックスをいかに教えられてきたか』(幻冬舎新書)
『日本の聖地ベスト100』(集英社新書)
『突然のキス – 恋愛で読み解く日本文学』(ちくま文庫)
『39歳 – 女の愛の分岐点』(メディアファクトリー)
『心コレクション』(文藝春秋)
『生きるチカラ』(集英社新書)
『熊野 神と仏』(原書房)共著
『世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く』(集英社新書)
『賭ける魂』(講談社現代新書)
『偶然のチカラ』(集英社新書)
『性愛奥義 – 官能の『カーマ・スートラ』解読』(講談社現代新書)
『「頭がよい」って何だろう- 名作パズル、ひらめきクイズで探る』(集英社新書)
『聖地の想像力 – なぜ人は聖地をめざすのか』(集英社新書)
『オデッサの誘惑』(集英社)
『宗教学講義 – いったい教授と女生徒のあいだに何が起こったのか』(ちくま新書)
『快楽は悪か』(朝日新聞社)(朝日文庫
『競馬の快楽』(講談社現代新書)
『天使のささやき – 宗教・陶酔・不思議の研究』(人文書院)
『恋愛のディスクール』(PARCO出版)(福武文庫
『新版 男が女になる病気 – 医学の人類学的…』(朝日出版社)(福武文庫)(集英社文庫
『ディスコミュニケーション』(リブロポート)共著
『分裂病者のダンスパーティ』(リブロポート)
『男が女になる病気 – 医学の人類学的構造についての三〇の断片』(朝日出版社)

 

 

Staff

Author / Professor: 植島啓司
Editor / Writer: 馬場博美
Technical Support: 福井一朗 / Brisées
Illustration (Default Icon): satomibb

 

内容に関する著作権はすべて植島啓司および「宗教学講義 Cours des Religions」サイトに帰属しており、無断で転用・転載することはできません。当ウェブサイトに関するお問い合せはContactフォームよりご連絡ください。