『生きるチカラ』(集英社新書)

bk_20100721


著者: 植島啓司
株式会社集英社(集英社新書0549C
2010年7月21日 第一刷発行


目次

はじめに

Lesson 1 生きるのに「正しい」も「間違い」もない
 なんでも知ればいいというものではない
 「計画された偶然」を生きる
 たとえ不測の事態が起こっても
 過ちはなぜ起こるのか
 好きな男が二人いる。あなたはどちらを選ぶだろうか
 「人間どうせ生きているうちのことじゃないの」
 出会いはけっして偶然ではない

Lesson 2 あらゆる選択は誤りを含んでいる
 なぜそんなことが許せないのか
 貧乏にもそれなりの価値がある
 もし大切なものをすべて失ったとしても
 放蕩の果てに何が見えるか
 先がわかればなんにもこわくない
 まずいクロワッサンよりおいしいクロワッサン

Lesson 3 金持ちはみんな不幸?
 大金持ちは二度死ぬ
 酒池肉林
 宝くじで夢を見る
 ロト6で三億二〇〇〇万円ゲット
 攻撃誘発性(ヴァルネラビリティ)
 本当の「幸せ」とは何か

Lesson 4 ふりかかった災難こそ人生のきっかけ
 もう一度人生をくりかえしてみる
 運がよかったり悪かったり
 一つのマイナスで人をキライになる
 一つのプラスで人を好きになる
 みんな問題を抱えている
 ふりかかった災難こそ人生のきっかけ

Lesson 5 人間は支離滅裂でかまわない
 自分には正反対の「自分」が隠されている
 運をぐるぐる回す
 この世に「いい人」と「悪い人」がいるわけではない
 エンジン01文化戦略会議
 イヤなことはやらない
 欲張っていろいろな人生を生きる

Lesson 6 自分の身に起こることはすべていいことなのだ
 幸不幸というのは後からやってくる
 果たして不幸はあなたのせいか
 ちょっと見方を変えてみると
 自分の身に起こることはすべていいことなのだ
 人生にも折り返し点がある

おわりに


amazon



参考文献(「注」より)

  • ミシェル・ド・モンテーニュ『エセー』全3巻、宮下志朗訳、白水社、二〇〇五年- 〇八年。
  • 伊藤比呂美「良い死に方悪い死に方」『一冊の本』朝日新聞出版、二〇一〇年二月号。
  • J・D・クランボルツ、A・S・レヴィン『その幸運は偶然ではないんです!』花田光世他訳、ダイヤモンド社、二〇〇五年。
  • 植島啓司『「頭がよい」って何だろう?』集英社新書、二〇〇三年。
  • 山本周五郎「柳橋物語」『山本周五郎中短篇秀作選集1 待つ』小学館、二〇〇五年。ただし、初出は『山本周五郎傑作選集』第2巻、太平洋出版社、一九五一年。
  • ひろさちや『「狂い」のすすめ』集英社新書、二〇〇七年。
  • 井波律子『酒池肉林』講談社現代新書、一九九三年。
  • 渡辺京二『逝きし世の面影』平凡社ライブラリー、二〇〇五年。
  • バルザック『あら皮― 欲望の哲学』小倉孝誠訳、藤原書店、二〇〇〇年。植島啓司・山田登世子「神秘の人、バルザック」『バルザックを読む Ⅰ対談篇』藤原書店、二〇〇二年。
  • 井原西鶴『現代語訳・西鶴 西鶴置土産』暉峻 康隆訳注、小学館ライブラリー、一九九七年。
  • 奥村康『「まじめ」は寿命を縮める 「不良」長寿のすすめ』宝島社新書、二〇〇九年。
  • 森山重雄『西鶴の世界』講談社、一九六九年。
  • ニーチェ『善悪の彼岸』木場深定訳、岩波文庫、一九七〇年。
  • ピーター・エヴァンス『オナシスの生涯― 欲しいものはすべて手に入れた男』染田屋茂訳、新潮文庫、一九八八年。
  • 久慈六郎『ロト6で3億2千万円当てた男の悲劇』集英社、二〇〇六年。
  • ケン・グリムウッド『リプレイ』杉山高之訳、新潮文庫、一九九〇年。
  • モンテーニュ『エセー』荒木昭太郎責任編集、『世界の名著19』中央公論社、一九六七年。
  • 湯川秀樹、日本の伝統芸能『能・狂言鑑賞入門』日本放送出版協会、一九九〇年。
  • 山本東次郎『狂言のすすめ』玉川大学出版部、一九九三年。
  • 金森敦子「『月見座頭』から考えたこと」『狂言 山本東次郎』新人物往来社、一九九三年。
  • クリスチャン・シャバニス『死をめぐる対話』足立和浩・吉田葉菜訳、時事通信社、一九八六年。
  • 小林章夫『賭けとイギリス人』ちくま新書、一九九五年。
  • トム・ルッツ『働かない― 「怠けもの」と呼ばれた人たち』小澤英実・篠儀直子訳、青土社、二〇〇六年。
  • 「マタイによる福音書」『聖書』新共同訳、日本聖書協会、一九九四年。
  • モーパッサン「首飾り」『モーパッサン短篇集』山田登世子訳、ちくま文庫、二〇〇九年。