【大阪】連続講座「待つこと・出会うこと」

2015年 4月10日 4月24日 5月8日 5月22日 6月12日 
金曜日 19:00- 20:30
受講料: 計5回 会員 13,500円 / 一般 15,120円
会場・申込先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (北区中之島) MAP

講師: 宗教人類学者  植島 啓司

人生の大半は何かを待つことによって過ぎていきます。もしそれが人だとすると、なぜある人とは出会い、親しみを持ち、別のある人とは出会うことなく、別れてしまうのでしょうか。学生時代にサークルやクラブに入って友人ができたり、そんな相手から一生の進路について影響を受けたりしますが、それらは果たして偶然なのでしょうか。ぼくらがこれから生きる人生は自分たちで選択したものなのでしょうか。さまざまな映像や物語の一節をとりあげて議論していきたいと思います。 

1 太宰治「待つ」
2 映画「橋の上の娘」(監督パトリス・ルコント)
3 ヘミングウェイ「殺し屋」(監督タルコフスキー)
4 サリンジャー「愛らしき口もと目は緑」
5 森敦「月山」

amazon