【三重】「聖地としての瀧原宮」

ev_20131124_1

2013年11月24日(日) 14:00- 16:00

大紀町文化フォーラム「地元のテーマで話し合う」
~瀧原宮、熊野古道伊勢路、東日本大震災を題材に、まちづくりを考える。~

出演: 植島啓司(宗教人類学者)
    鎌倉幸子(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会広報課長)
    福元ひろこ(文筆家)
    前田憲司(企画編集者)

会場: 大紀町コンベンションホール(度会郡大紀町崎2200-1
定員: 300名(先着、事前申込制)
参加費: 無料
申込: 専用申込フォーム
   (パソコン) https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke/dform.do?acs=taiki
   (携帯電話) https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke/iform.do?acs=taiki
   
   もしくは、電話・FAXにて氏名・電話番号をお知らせください。
   電話:059-233-1181 FAX:059-233-1191

   
⇒ 三重県立図書館 http://www.library.pref.mie.lg.jp/app/details/index.asp?cd=2013090383
 三重県公式サイト http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2013090383.htm

プログラム:
基調スピーチ
 「聖地としての瀧原宮」植島啓司
 「熊野古道伊勢路の魅力」福元ひろこ
 「東日本大震災で失われたもの」鎌倉幸子
総括セッション「地元の課題を解決するには」
 (コーディネータ)前田憲司
 (パネリスト)植島啓司、鎌倉幸子、福元ひろこ

 大紀町には、伊勢神宮の別宮である瀧原宮や、平成26年に世界遺産登録10周年を迎える熊野古道伊勢路といった、全国的にも注目を集める文化資源があります。また、町の沿岸部では、100年単位でくり返される歴史津波の経験から、大規模な地震津波災害への備えが必要とされています。
 このたび、大紀町教育委員会と三重県立図書館の共催により、これらをテーマにフォーラムを開催します。ゲストには、瀧原宮、熊野古道伊勢路、東日本大震災のそれぞれについて関わりの深い方々をお招きして、とっておきの話を聞かせていただきます。
 このフォーラムが、大紀町のまちづくりを考える機会になればと思います。

主催: 大紀町教育委員会、三重県立図書館


amazon






関連キーワード