Category Archives: Archive
アーカイヴ

『処女神 – 少女が神になるとき』(集英社)

著者: 植島啓司株式会社集英社2014年7月25日装丁: 高柳雅人 彫刻: 儀保克幸集英社特設サイト http://renzaburo.jp/shojoshin/ 《目次》 はじめに— 室生寺にて 第1章  処女神クマリとの出会い第2章  インドラの祭り(インドラジャトラ)第3章  百年の孤独第4章  女神の源流を求めて第5章  仏教とは何か第6章  美人の条件第7…   » 続きを読む

【東京】「今、修験道を考える」w/ 田中利典氏

2014年 7月12日(土)16:00- 17:30 受講料:会員 3,456円 / 一般 4,104円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿)今、修験道を考える - 人は何を信じるのか『修験道入門』田中利典 著(集英社新書)刊行記念講師:金峯山修験本宗宗務総長 田中利典宗教人類学者 植島啓司 amazon

【三重】「伊勢と熊野 二大聖地を結ぶ熊野古道伊勢路」

2014年7月6日(日)熊野古道世界遺産登録10周年オープニングイベント 記念式典午後1:30~午後4:30熊野市民会館 ホール・講演会「伊勢と熊野 二大聖地を結ぶ熊野古道伊勢路」 講師:植島啓司(宗教人類学者)、千種清美(文筆家、皇学館大学非常勤講師)・電芸能披露 熊野鬼城太鼓・地元高校吹奏楽部による、熊野古道テーマ曲「熊野古道賛歌」演奏・世界遺産熊野古道伊勢路10年間の歩み…   » 続きを読む

【大阪】連続講座「それからの二人~男と女の運命を読む」

2014年 4月14日 4月28日 5月12日 5月26日 6月9日 6月23日月曜日 19:00- 20:30 受講料: 計6回 会員 16,200円 / 一般 18,144円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) いまではなかなか見る機会もなくなっているけれど、かつて日本映画は世界でも有数の傑作を次々と生み出しました。溝口健二「残菊物語」、黒…   » 続きを読む

【東京】連続講座「自分のなかの他人」

2014年 4月11日 5月9日 6月13日 金曜日 19:00- 20:30 受講料: 計3回 会員 9,072円 / 一般 11,016円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) 植島啓司・人類学講義「自分のなかの他人」フロイトはある書簡の中で次のように書いている。「すべての性行為を四人の人物が関係している作用と見なすという考えに私はみずから慣らして…   » 続きを読む

【栃木】「聖なる場所の力」w/ 伊藤俊治氏

2014年6月7日(土)11:30- 16:00”山のシューレ” オープニング・シンポジウム<聖なる場所の力>会場:二期倶楽部 観季館(栃木県那須郡那須町高久乙)料金:¥12,000(税込)(シンポジウムⅠ、Ⅱ+ランチ交流会)定員:80名申込・アクセス情報等詳細:山のシューレ 公式サイト11:30 ─ 12:30 シンポジウムⅠ 基調講演  植島啓司12:30 ─ 14:30 …   » 続きを読む

WEB連載「伊勢神宮フィールドワーク」第4回

集英社WEB文芸 RENZABURO[レンザブロー] 連載「伊勢神宮フィールドワーク」植島啓司 長年にわたり、海外および日本全国の聖地を訪れ、 研究してきた著者が、満を持して伊勢神宮について論じる。 なぜ、そこは聖地なのか? その地域には何があるのか? 伊勢神宮にまつわるさまざまな謎をひもときながら、 その新たな姿を明らかにしていく。 第4回 祭りの場としての伊勢神宮 http…   » 続きを読む

【東京】「キトラ古墳から考える文化財との付き合い方」

2014年5月17日(土) 18:00~20:00特別展「キトラ古墳壁画」開催記念講座文化財を守る、保つ、発信する。―キトラ古墳から考える文化財との付き合い方会場:青山ブックセンター 本店   大教室定員 110名 事前申込制1,800円(税込1,944円)申込先: 青山ブックスクール 東京国立博物館で4月22日から5月18日の約1か月間、特別展「キトラ古墳壁画」が開催されます…   » 続きを読む

【大阪】連続講座「植島啓司 エロスを語る」

2014年 1月20日 2月3日 2月24日 3月10日 3月24日月曜日 19:00- 20:30 受講料: 計5回 会員 13,125円 / 一般 14,700円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 今回はさまざまな分野を横断しながらセックスのフィールドワークを試みたいと思っています。沢尻エリカ主演で映画化された『ヘルタースケルター』、いま…   » 続きを読む

【東京】連続講座「人はなぜ祈るのか」

2014年 1月17日 2月21日 3月14日 金曜日 19:00- 20:30 受講料: 計3回 会員 8,820円 / 一般 10,710円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) いったい人はなぜ祈るのでしょう。神社やお寺や教会に出かけると、だれの心にも自然と祈りの気持ちが湧いてきます。「どうかお金持ちになれますように」とか「どうか好きな人と結婚で…   » 続きを読む

【東京】「熊野古道伊勢路~伊勢と熊野の二大聖地を結ぶ道~」

  ★「定員を超える申込があり、受付を締切しました。」とのことです。 (2013年11月29日追記)2014年2月19日(水) 19:00- 20:30熊野古道世界遺産登録10周年プレイベント熊野古道セミナー~熊野古道世界遺産登録10周年に向けて~第5回「熊野古道伊勢路~伊勢と熊野の二大聖地を結ぶ道~」講師: 宗教人類学者 植島啓司会場: 三重テラス [三重県 首都圏営業拠点]…   » 続きを読む

AM(アム)「『官能教育』著者・植島啓司さんインタビュー」

女性向け恋愛総合サイト AM「アム」2014年2月『官能教育』著者・植島啓司さんインタビュー ⇒  https://am-our.com/special/204/recent_post/(1)セックスとは性行為ではなく相手を受け入れること 2014.02.05 (2)不倫したいという願望は誰にでもある? 2014.02.07 (3)美醜よりも、周りを巻き込むアクティブなエネルギ…   » 続きを読む

cyzo woman「家庭を壊さずに不倫できる社会に変わっていく」

cyzo woman(サイゾー ウーマン)2014年1月29日 掲載『官能教育』著者インタビュー「家庭を壊さずに不倫できる社会に変わっていく」、植島啓司氏が語る愛の変遷 昨年、世間に大きな衝撃を与えた元モーニング娘。矢口真里の不倫騒動。夫不在時に浮気相手との逢瀬を楽しんでいたことが明らかになり、謹慎生活に入った彼女は、半年以上たった今でも活動再開の見通しが立っていない。その背景…   » 続きを読む

2014 COURRiER Japon 3月号

COURRiER Japon vol.112(3月号)2014年1月25日発売特集:10 Sacred Place of a Lifetime一生に一度は行ってみたい「10の聖地」世界の「パワースポット」 誰もが一度は聞いたことのある有名スポットから、知る人ぞ知る“隠れ聖地”まで、詣でればきっと新たな自分を発見できるパワースポットを、宗教人類学者の植島啓司さんの協力のもと厳選し…   » 続きを読む

【三重】「伊勢の神秘をめぐる旅」cultra #007

cultra # 007式年遷宮で話題となっている伊勢の神秘を『日本の聖地ベスト100』『聖地の想像力』の著者宗教人類学者の植島啓司さんとめぐる旅2014年1月25日(土)~1月27日(月) 2泊3日募集人員: 30名(最少催行人員20名)募集締切: 2013年12月26日(木)名古屋から ¥125,000(税込) 東京から¥146,960(税込)詳細・申込 ⇒ http://…   » 続きを読む

日刊ゲンダイ「著者インタビュー『官能教育』」

日刊ゲンダイ Gendai.netBooks 新刊レビュー2014年1月22日掲載「官能教育」植島啓司氏【著者インタビュー】 ■「男女雇用均等法のおかげで不倫のリスクも差がなくなりました」 今のご時世、不倫をしようものなら手厳しく糾弾される傾向がある。なぜ不倫はいけないのか。男女の愛のありようが前近代的な狭義でとらえられることの不幸を論じたのが本書だ。 「芸能人の不倫騒動がマス…   » 続きを読む

【三重】「紀伊山地の世界遺産を考える」 w/ 中上紀氏、九鬼家隆氏、田中利典氏

2014年1月11日(土) 14:00- 16:00明日の県立図書館フォーラム2014「紀伊山地の世界遺産を考える」会場:三重県総合文化センター 多目的ホール(三重県津市) ACCESS 定員:先着400名(事前申込制)参加費:無料詳細・申込先⇒  http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2013110075.htm 14時   三重県立図書館改革実行…   » 続きを読む

【三重】「聖地と観光」

2014年1月10日(金) 18:00~(開場17:30)講演会「聖地と観光」宗教人類学者 植島啓司熊野市文化交流センター 多目的ルーム(三重県熊野市井戸町643−2‎) 世界の聖地を研究し熊野市を含む奥熊野地域にも造詣が深い宗教人類学者の植島啓司氏が来熊し、昨年に引き続きJR熊野市駅前の熊野市文化交流センター【地図】にて「聖地と観光」を演題にした講演会が来る1月10日(金)1…   » 続きを読む

GQ JAPAN「“死ぬまでセックス”とは?」

GQ JAPAN2013年12月20日掲載Age Limit for Having Sex“死ぬまでセックス”とは?──男たちの長い性春を考える 昨年から、男性週刊誌が頻繁に取りあげているのが“死ぬまでセックス”する方法。なぜメディアは高齢セックスを推奨し、読者はそれを受け入れているのか? 男は本当に“死ぬまでセックス”するべきなのか? 3人の性の賢者にうかがった。opinio…   » 続きを読む

【大阪】「官能教育、快楽上等!」 w/ 湯山玲子氏

2013年12月17日(火) 19:00- 20:30『官能教育』出版記念 植島啓司×湯山玲子 官能教育、快楽上等!― 宗教人類学者 植島啓司― 著述家、ディレクター 湯山玲子受講料: 3,465円会場・お問合せ先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) このたび植島啓司さんの『官能教育』(幻冬舎)が発売され、それにあわせて出版記念トークショーが企画されました…   » 続きを読む

【大阪】連続講座「顔を読む」

2013年 10月28日  11月11日 11月25日 12月9日 12月16日月曜日 19:00- 20:30 受講料: 計5回 会員 13,125円 / 一般 14,700円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 写真を見てから本人を見るとまるでその人だとわからないことがあります。でも、本人を見てから写真を見るとすぐにその人だとわかります。い…   » 続きを読む

WEB連載「伊勢神宮フィールドワーク」第3回

集英社WEB文芸  RENZABURO[レンザブロー] 連載「伊勢神宮フィールドワーク」植島啓司 長年にわたり、海外および日本全国の聖地を訪れ、 研究してきた著者が、満を持して伊勢神宮について論じる。 なぜ、そこは聖地なのか? その地域には何があるのか? 伊勢神宮にまつわるさまざまな謎をひもときながら、 その新たな姿を明らかにしていく。 第3回 遷宮という仕組み http://…   » 続きを読む

【大阪】「『「一人」のうらに 尾崎放哉の島へ』刊行記念トーク」 w/ 西川勝氏

12月10日(火)19時~ (臨床哲学者)西川勝 × 植島啓司(宗教人類学者)「『「一人」のうらに 尾崎放哉の島へ』刊行記念トーク会費1,000円(1ドリンク付) 定員30名 ※要予約 「咳をしても一人」の句を残し、瀬戸内海の小豆島で没した放浪の俳人・尾崎放哉。元看護師で独創的なケアの哲学を展開する西川勝さんが冬の島へ渡り、自らの人生を振りかえりながら放哉の「孤独」に応答する旅…   » 続きを読む

【東京】連続講座「愛はなぜ終わるのか」

2013年 10月4日 11月1日 12月6日 金曜日 19:00- 20:30 受講料: 計3回 会員 8,820円 / 一般 10,710円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) 人はなぜある人を好きになるのに別の人を好きにならないのでしょうか。輪になって踊る女の子たちの中からその人を選ばせるのはいかなる力なのでしょうか。そして、そんなにまでして好…   » 続きを読む