Category Archives: Archive
アーカイヴ

【三重】「聖地と観光」

2014年1月10日(金) 18:00~(開場17:30)講演会「聖地と観光」宗教人類学者 植島啓司熊野市文化交流センター 多目的ルーム(三重県熊野市井戸町643−2‎) 世界の聖地を研究し熊野市を含む奥熊野地域にも造詣が深い宗教人類学者の植島啓司氏が来熊し、昨年に引き続きJR熊野市駅前の熊野市文化交流センター【地図】にて「聖地と観光」を演題にした講演会が来る1月10日(金)1…   » 続きを読む

GQ JAPAN「“死ぬまでセックス”とは?」

GQ JAPAN2013年12月20日掲載Age Limit for Having Sex“死ぬまでセックス”とは?──男たちの長い性春を考える 昨年から、男性週刊誌が頻繁に取りあげているのが“死ぬまでセックス”する方法。なぜメディアは高齢セックスを推奨し、読者はそれを受け入れているのか? 男は本当に“死ぬまでセックス”するべきなのか? 3人の性の賢者にうかがった。opinio…   » 続きを読む

【大阪】「官能教育、快楽上等!」 w/ 湯山玲子氏

2013年12月17日(火) 19:00- 20:30『官能教育』出版記念 植島啓司×湯山玲子 官能教育、快楽上等!― 宗教人類学者 植島啓司― 著述家、ディレクター 湯山玲子受講料: 3,465円会場・お問合せ先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) このたび植島啓司さんの『官能教育』(幻冬舎)が発売され、それにあわせて出版記念トークショーが企画されました…   » 続きを読む

【大阪】連続講座「顔を読む」

2013年 10月28日  11月11日 11月25日 12月9日 12月16日月曜日 19:00- 20:30 受講料: 計5回 会員 13,125円 / 一般 14,700円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 写真を見てから本人を見るとまるでその人だとわからないことがあります。でも、本人を見てから写真を見るとすぐにその人だとわかります。い…   » 続きを読む

WEB連載「伊勢神宮フィールドワーク」第3回

集英社WEB文芸  RENZABURO[レンザブロー] 連載「伊勢神宮フィールドワーク」植島啓司 長年にわたり、海外および日本全国の聖地を訪れ、 研究してきた著者が、満を持して伊勢神宮について論じる。 なぜ、そこは聖地なのか? その地域には何があるのか? 伊勢神宮にまつわるさまざまな謎をひもときながら、 その新たな姿を明らかにしていく。 第3回 遷宮という仕組み http://…   » 続きを読む

【大阪】「『「一人」のうらに 尾崎放哉の島へ』刊行記念トーク」 w/ 西川勝氏

12月10日(火)19時~ (臨床哲学者)西川勝 × 植島啓司(宗教人類学者)「『「一人」のうらに 尾崎放哉の島へ』刊行記念トーク会費1,000円(1ドリンク付) 定員30名 ※要予約 「咳をしても一人」の句を残し、瀬戸内海の小豆島で没した放浪の俳人・尾崎放哉。元看護師で独創的なケアの哲学を展開する西川勝さんが冬の島へ渡り、自らの人生を振りかえりながら放哉の「孤独」に応答する旅…   » 続きを読む

【東京】連続講座「愛はなぜ終わるのか」

2013年 10月4日 11月1日 12月6日 金曜日 19:00- 20:30 受講料: 計3回 会員 8,820円 / 一般 10,710円会場・申込先: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) 人はなぜある人を好きになるのに別の人を好きにならないのでしょうか。輪になって踊る女の子たちの中からその人を選ばせるのはいかなる力なのでしょうか。そして、そんなにまでして好…   » 続きを読む

『官能教育 – 私たちは愛とセックスをいかに教えられてきたか』(幻冬舎新書)

著者: 植島啓司 株式会社幻冬舎(幻冬舎新書)2013年11月30日 第一刷発行 目次 はじめに第一章 人にはなぜ愛人が必要なのか  一回ルール  いまの恋愛はかつての恋愛ではない  もし愛人がいなければこの世は生きるに値しない  女にもたくさんの選択肢ができた  愛情を長続きさせるために四日に一度は別の異性と眠る  男が戦いに行くように女は愛人をもつ  「貞節」よ、さようなら…   » 続きを読む

【三重】「聖地としての瀧原宮」

2013年11月24日(日) 14:00- 16:00大紀町文化フォーラム「地元のテーマで話し合う」~瀧原宮、熊野古道伊勢路、東日本大震災を題材に、まちづくりを考える。~出演: 植島啓司(宗教人類学者)    鎌倉幸子(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会広報課長)    福元ひろこ(文筆家)    前田憲司(企画編集者)会場: 大紀町コンベンションホール(度会郡大紀町崎2…   » 続きを読む

【三重】「海と伊勢神宮」w/ 内藤廣氏

11月23日(土・祝)13:30~シンポジウム「海と伊勢神宮」会場: 海の博物館(三重県鳥羽市) ACCESS特別展「海と伊勢神宮~グルメな神さまたちの理想郷(ユートピア)」関連イベントパネリスト: 植島啓司(宗教人類学者)  内藤廣(建築家・東京大学名誉教授)  司会: 石原義剛(海の博物館館長) 定員80名(先着順)参加無料 要予約予約方法: 電話  0599-32-600…   » 続きを読む

【東京】「サドとは何者か?」

【18禁】11/17(日)猫町UG(ねこまちアンダーグラウンド) 第1回読書会 マルキ・ド・サド『悪徳の栄え』2013年11月17日(日)会場: ロフトプラスワン(新宿区歌舞伎町) MAP 16:00- 20:30 第一部~三部 3,500円  20:40- 22:30 懇親会    3,500円※ドレスコードあり詳細・申込先⇒ 猫町倶楽部 満を持して開催する「猫町UG(アンダ…   » 続きを読む

【三重】「遷宮という仕組み」w/ 稲葉信子氏・櫻井治男氏

  2013年11月10日(日) 14:00- 16:00三重県図書館シンポジウム遷宮という仕組み ~20年に一度行われる式年遷宮の意味を考える。~ 稲葉信子 筑波大学大学院教授 植島啓司 宗教人類学者 櫻井治男 皇學館大学教授会場: 賓日館(伊勢市二見町)大広間 MAP入場無料(先着150名)問合せ先: 三重県立図書館 Phone: 059-233-1181 Fax: 059…   » 続きを読む

(TV)NHK「視点・論点」

視点・論点 「式年遷宮と日本人」2013年11月04日 (月)宗教人類学者 植島啓司http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/NHK 解説委員室  解説アーカイブス

WEB連載「伊勢神宮フィールドワーク」第2回

集英社WEB文芸  RENZABURO[レンザブロー]連載「伊勢神宮フィールドワーク」植島啓司 長年にわたり、海外および日本全国の聖地を訪れ、研究してきた著者が、満を持して伊勢神宮について論じる。なぜ、そこは聖地なのか?その地域には何があるのか?伊勢神宮にまつわるさまざまな謎をひもときながら、その新たな姿を明らかにしていく。 第2回 伊勢神宮とは何か(後編)http://ren…   » 続きを読む

【東京】「”一人”への誘い 旅と文学」w/ 西川勝氏

2013年10月20日(日)16:00~17:30『「一人」のうらに 尾崎放哉の島へ』(サウダージ・ブックス)刊行記念トークショー(臨床哲学者)西川勝 × 植島啓司(宗教人類学者)「一人」への誘い 旅と文学会場: MARUZEN & ジュンク堂書店  渋谷店 7階喫茶コーナー( ACCESS )定員: 40名入場: 1,000円(1ドリンク付)申込: MARUZEN & ジュン…   » 続きを読む

WEB連載「伊勢神宮フィールドワーク」第1回

集英社WEB文芸  RENZABURO[レンザブロー]連載「伊勢神宮フィールドワーク」植島啓司 長年にわたり、海外および日本全国の聖地を訪れ、研究してきた著者が、満を持して伊勢神宮について論じる。なぜ、そこは聖地なのか?その地域には何があるのか?伊勢神宮にまつわるさまざまな謎をひもときながら、その新たな姿を明らかにしていく。 第1回 伊勢神宮とは何か(前編)http://ren…   » 続きを読む

【大阪】 「人気写真家がみつめた伊勢」w/ 藤代冥砂氏

2013年9月28日(土) 18:00-19:30 宗教人類学者 植島啓司写真家 藤代冥砂受講料: 2,310円会場・お問合せ先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) グラビア写真や広告の撮影など、人気写真家として幅広く活躍する藤代氏。雑誌「SWITCH」では、日本各地のスピリチュアル・スポットをめぐる「神様トリップ」を連載しました。日本でも有数の聖地といわ…   » 続きを読む

X BRAND「COURRiER japon“てみやげ達人”に聞いた ニッポンの愛されるお菓子たち」

人気雑誌の最新記事が読める X BRAND “てみやげ達人”に聞いた「ニッポンの愛されるお菓子たち」[COURRiER japon 10月号 特別付録P16~]1. 森永 ミルクキャラメルCaramels 120円 年間200日を旅する宗教人類学者 植島啓司さんからエチオピアの人々へ ” I think you will love it. “ 「5年前に…   » 続きを読む

毎日新聞「21世紀の遷宮:想う」

毎日新聞2013年09月21日 中部朝刊21世紀の遷宮:想う 宗教人類学者・植島啓司さん  ◇原初再現がポイント  神が降りた場所と、人々がお参りする場所。聖地には2通りあります。前者は土着の神、後者は権力者、中央から来た神と関係しています。土地の神が降りた場所は山の上や磐座(いわくら)といった、へんぴなところが多い。熊野や出雲がそうです。祈りの場は平野部で、交通の便が良いとこ…   » 続きを読む

【東京】「伊勢の調べと情景」w/ 高木正勝氏

2013年9月21日(土) 18:30-20:00 音楽家・映像作家 高木正勝宗教人類学者 植島啓司 受講料: 2,500円会場・お問合せ先: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿)MAP ※三重県共催  古来より日本人の信仰の対象となり、「お伊勢さん」として愛されてきた伊勢神宮。2013年には20年に一度の式年遷宮が行われます。これを記念して、様々な角度から伊勢を知…   » 続きを読む

読売新聞「式年遷宮と日本人」

 (2013年9月12日 読売新聞 夕刊) 読売新聞の医療サイト yomiDr.(ヨミドクター)こころ元気塾式年遷宮と日本人 聖地研究・植島啓司さん2013年9月12日(1)始まりの時に戻る理由 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=845392013年9月13日(2)東日本大震災の影響http://www.yomidr.yom…   » 続きを読む

【東京】「建築家が見る伊勢神宮」w/ 内藤廣氏

2013年8月30日(金) 19:00-20:30 建築家・東大名誉教授 内藤廣宗教人類学者 植島啓司 受講料: 2,500円会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) ※三重県共催  古来より日本人の信仰の対象となり、「お伊勢さん」として愛されてきた伊勢神宮。2013年には20年に一度の式年遷宮が行われます。これを記念して、「海の博物館」など数多くの建築を手がけ…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 90(最終回) チークダンス・パーティ

第90回「チークダンス・パーティ(最終回)」 01 引っ越し02 出雲03 井上陽水 ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/130821/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回

【大阪】「聖地巡礼― 人は歩いて聖地をめざす」w/ 福元ひろこ氏

2013年8月24日(土) 15:30-17:00 宗教人類学者 植島啓司文筆家 福元ひろこ 受講料: 2,310円会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 その昔、人々は全国各地から歩いて伊勢に向かいました。過酷な旅にもかかわらず、人はなぜ聖地をめざして歩き続けてきたのでしょうか。世界中の道を歩くことをライフワークとし、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路や熊野古道伊勢路…   » 続きを読む