Category Archives: Blog
教授のブログ

1 / 212

植島啓司Blog 第2回

久々のブログなんですが、なんだか慌ただしい毎日です。6月に入ってから何度新幹線に乗ったことか。今日は、京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターの若尾文子トークイベントに来ています。 いや、来たことは来たのですが、300席もあるからと余裕でやって来たら、すでに30分前から超満員だと言われ、仕方なくすぐ前のカフェでこれを書いています。そういえば、ちょうど2週間前にパソコンがクラッシ…   » 続きを読む

植島啓司Blog 第1回

いよいよ2013年8月1日をもって公式サイトを開設しました。 http://keijiueshima.net/これからは全てこちらでお伝えしていきたいと思っています。開設に伴い、ブログもこちらに引っ越しました。これまで6か月とか9か月に1度というブログで、すっかり呆れられていましたが、今後は充実した内容に様変わりすることになりました。アーカイブにはこれまでのすべての仕事が収集さ…   » 続きを読む

(旧blog 23)おお、9か月ぶり

みなさんこんにちは。 なんと9か月ぶり。これでもブログというのでしょうか。1月は英国セント・アイヴスに取材に出かけ、 ファーストクラスに乗ったり、最高級ホテルに泊まったり、 ちょっと贅沢してみました。その前後にもいろいろ出かけてばかりで いまや すっからかんです。お金が無くなったら働くというのが ぼくの人生訓で、 とにかく無くなるまでは遊ぶことにしています。 危機的なこともある…   » 続きを読む

(旧blog 22)福井から大阪へ

この一週間は相変わらずの一週間でした。 福井で講演会があり、そのまま勝山の平泉寺白山神社を訪ね、 長浜から竹生島にわたり、 近江八幡に滞在し、ようやく大阪戻り。ずっと東洋文庫のアラビアンナイトを読んでいました。こんなときにダービーがあって、当然のごとく、敗戦。 1,2着する候補は5頭くらいしかいなくて、 その組み合わせで勝てるのに、 なぜみんな負けるのだろう(もちろん、ぼくも)…   » 続きを読む

(旧blog 21)ゴールデンウィークふたたび

もうすぐゴールデンウィーク。 まあ、一年中ゴールデンウィークみたいなものだから、 特別な感慨はありません(笑)。 桜花賞は阪神、皐月賞は中山と毎週のように賭けながら旅を続けています。 先週は大阪のバー「パパ・ヘミングウェイ」で飲み、今週は久しぶりに 新宿のバー「風花」に顔を出して旧交を温めました。 どちらもちょっと遅くまで飲みすぎたかも。ところで、ようやく4月17日に『日本の聖…   » 続きを読む

(旧blog 20)突然のキス

久しぶりのブログ登場ですが、みなさんお元気ですか?先週、というか3月7日、『突然のキス』(ちくま文庫)が発売になりました。 朝日カルチャーセンターでの連続講義が発端となり、 講談社『In・Pocket』での連載へと発展し、今回の出版に至ったわけですが、 思い入れのある本なので、素直にうれしい (しかし、思い入れのある本はあまり売れないのが悩み、 『賭ける魂』(講談社現代新書)と…   » 続きを読む

(旧blog 19)旅とビールとギャンブル

この5か月間ほとんど仕事をしなかったら、 すっからかんになってしまった。 さすがにちょっと焦りました。 よくあることなんだけど、 いくつになっても同じような生活をしているのが すごい(←自分で言うな)。 いよいよ10月に入って、仕事をする必要に迫られ、 いくつか講義を始めました。さらに、来月から春先に向けて 本が3冊も出ることになってびっくり。 電光石火の早業!に見えるかもしれ…   » 続きを読む

(旧blog 18)日本の聖地ベスト100

一昨日、静岡県立美術館の小谷元彦「幽体の知覚」展で公開対談をしたのですが、 そのとき、「ブログがまだクリスマスのままですね」と言われ、 ちょっと反省しているところです。 (ついでながら「幽体の知覚」は本当にすばらしい展覧会です。今年のNO.1かな)  この半年くらい 「日本の聖地ベスト100」を出すことに決めたので、 これまで見てきた聖地をもう一度確認するために日本中をまわって…   » 続きを読む

(旧blog 17)もうすぐクリスマス

たくさんのコメントありがとうございます。 それから、「心コレクション」を読んでいただいて、 とてもうれしいです。あまりにこのブログの情報が少なすぎるというので 近況をちょっとだけ。明日(12/11)は大阪で徹夜マージャン。 あさって(12/12)は阪神競馬場。 月曜(12/13)は朝日カルチャー(大阪)の「愛はなぜ終わるのか」。 火曜(12/14)は同じく桜井章一さんとの公開対…   » 続きを読む

(旧blog 16)心コレクション

今年はめずらしく仕事が進んで、11月にまた新刊が出ることになりました。だいたい3年から5年に1冊と決めていたのに、ちょっと反省しています。新刊のタイトルは「心コレクション」(文藝春秋)。何年ぶりかの単行本(つまり新書じゃない)です。原案が秋山道男、装丁が葛西薫というベストメンバーがそろった仕事で、ぼく自身出るのが楽しみです。というのも、葛西さんの装丁がすばらしいから。夏ですべて…   » 続きを読む

(旧blog 15)ネパールのカトマンズから

みなさん大変ご無沙汰しています。 このところずっと海外が続いています。いまはカトマンズにいますが、 ひとりだと毎日カレーばっかり食べることになってしまいます。 うまいのかまずいのか もうわかりません。阪神の行方や、秋競馬の行方が心配ですが、 10月までのんびりする予定です。 ちょっと働きすぎでしたから(←ぼくにしては、だけど)。ここはケータイも通じないし、 なかなかいい環境かも…   » 続きを読む

(旧blog 14)競馬の季節も過ぎて

やっと東京に戻ったと思ったら、 またすぐ熊野に出かけることになりました。 熊野倶楽部のイベントです。それにしても、最近、競馬関連の書き込みが 多くなりましたね(笑)。「男の競馬会」を立ち上げて、 みんなで 宝塚記念に参戦したけれど全員討ち死にでした。 アーネストリー、ブエナビスタからの3連単だから 当たってもよさそうなのに、 名前が気に食わない ナカヤマフェスタが1着とは…ただ…   » 続きを読む

(旧blog 13)大好きな夏

あっというまに夏ですね。この時期はエジプトから入ってナイルを遡って取材しているはずが、 同行のカメラマンが発病したためキャンセルとなり、 それならとカンヅメで仕事しています。 だれとも会わないで、 ひとりで10日間かかりっきりで「聖地巡礼」(原書房)の翻訳を仕上げました。 やればできるんだ!さらに、来月17日に発売される「生きるチカラ」(集英社新書)の 最終ゲラに手を入れ終えま…   » 続きを読む

(旧blog 12)もうゴールデンウィークですね

上海・香港・マカオで遊んでいるうちに もうGWとは時間がたつのは はやいですね。本の打ち合わせはたくさんしましたが、 結局、5月刊はムリでした。 でも、7月17日に「生きるチカラ」(集英社新書)が でることが奇跡的に決まりました。 よかった、よかった。それにしても、 一緒に仕事をしてきた人たちが ことごとく病気で倒れてしまったので、 なんとなく気分がのらない毎日です。 こういう…   » 続きを読む

(旧blog 11)珍しく仕事をやろうと思ったのだけれど・・・

みなさんご無沙汰しています。 この2月に本を2冊書かなければならないんですが、 いままでそんな経験がなかったので、 あせりまくっているうちに あと10日になってしまった! まずい。恵比寿にこもるとソリティアに逃げるし、 大森に戻るとマリオをやってしまう。 これじゃまるで小学生だ。金曜になると競馬があるのでそわそわしてくるし、 マージャンの誘いは断れないし (しかもこんなときに限…   » 続きを読む

(旧blog 10)謹賀新年

なんだか月日の経つのは早いもので、 昨年はブログを3,4回更新しただけで2010年に突入してしまいました。 でも、今年は1月からだから ちょっと幸先いいかも。一昨日は高田馬場でマージャンやって、 その後、ずっと朝まで飲んでいました。昨日は美術史家の伊藤俊治氏がいきなり恵比寿にやってきたので、 美女にかこまれてワインをたっぷり飲みました。明日は森美術館の「医学と芸術展」に出かける…   » 続きを読む

(旧blog 09)遊んでばかり

もうすぐ10月なのに、ドラクエⅨをやりすぎたので、 仕事はまったく進まなかった。 いまごろ本が書きあがっていたはずなのに。先週は わざわざ中山競馬場まで出かけたのに、 セントライト記念も大敗でした。 足どりも重い…。それでも「熊野 神と仏」(原書房)だけはなんとか 今週あたり本屋に並べられるはず。 期待しています。明日(9月24日)は 10時にエチオピア大使と会うこ…   » 続きを読む

(旧blog 08)あわただしく夏も過ぎゆく

はやくも アルメニア、グルジア、オーストリアから戻って 2週間が経ちました。7/24に成田に着き、 翌25日に熊野本宮大社の九鬼家隆宮司と 吉野金峯山寺の田中利典宗務総長との公開シンポジウムをやって、 7/26は母の命日なのですぐまた新幹線に飛び乗って、 お墓参りに京都に出かけました。 夕立に遇いました。それからたまっていた仕事を片づけて、 8/5は澁澤龍彦さんの23回忌で鎌倉…   » 続きを読む

(旧blog 07)アルメニア?

朝から晩まで遊んでいて、ときどき仕事。 いつのまにかIDもパスワードも忘れてしまって、 ブログを書くこともできませんでした。 まったく困ったものです。ここで 現在の仕事の状況を簡単に書いてみます。 連載というか定期的に書いているのは 集英社HPコラム「愛・賭け・遊び」ですが、 ちょっと前から講談社「イン・ポケット」誌に 「ポルノグラフィー的想像力」の連載を始めました。 ここまで…   » 続きを読む

(旧blog 06)停電

いま海外で、4/8に東京に戻るつもりなんですが、 こちらは 1日16時間停電で、夜は何もすることがないので、 ついカジノに顔を出してしまいます。やっぱりカジノは明るい。 ルーレットだったら負けないし。 このまま旅費を出すまでやろうかな (何しに来たのか?)。戻ったころには花粉も終わってないかな?

(旧blog 05)花粉が舞っていますが

なんだか春になると花粉がいやなので、国外逃亡したくなります。今月からネパールのカトマンズにでかけて、それから、またどこかに出かけて、というふうになりそうです。4月17日に集英社カラー新書から「世界遺産・神々の眠る『熊野』を歩く」が出ます。写真は鈴木理策さん。どうぞよろしくお願いします。  

(旧blog 04)世界遺産セミナー 対談「熊野」ってなんだろう?【3/7】

世界遺産セミナー 『対談「熊野」ってなんだろう? ~世界遺産・神々が眠る熊野を歩く~』■曜日時間期間 2009年3月7日(土) 19:00~20:30■場所 三重県総合文化センター 三重県文化会館 小ホール (津市一身田上津部田1234)■内容 「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された熊野古道伊勢路は、平成21年7月に登録5周年を迎えることとなり、熊野古道伊勢路の魅…   » 続きを読む

(旧blog 03)朝日カルチャーセンター(大阪)【4/25】

三重県との共催講座 植島啓司VS鈴木理策 『世界遺産・神々が眠る熊野を歩く』■曜日時間期間 4月25日(土) 17:00~18:30■講座の内容 この講座でもおなじみの宗教人類学者・植島啓司氏と写真家・鈴木理策氏が、世界遺産5周年を記念して、このたび『世界遺産・神々が眠る熊野を歩く』(集英社カラー新書)を出すことになりました。これまでとはちがうきわめてプリミティブな熊野を探る試…   » 続きを読む

(旧blog 02)朝日カルチャーセンター(大阪)【4/13~6/22】

『旅する人々』■曜日時間期間 第2・4月曜 19:00~20:30 4/13から6回■講座の内容 これまで多くの人々が旅をしてきました。モンテーニュ、ランボー、D・H・ロレンスらのような内省的な作家たちも実際は旅のなかで作品を書いてきたのです。この「旅のなかで」というのが大切な点で、あくまでも「旅について」ではありません。人類学者、詩人、俳人、映画監督、作家、革命家らそれぞれの…   » 続きを読む

1 / 212