Tag Archives: 対談

2 / 41234

【大阪】「『「一人」のうらに 尾崎放哉の島へ』刊行記念トーク」 w/ 西川勝氏

12月10日(火)19時~ (臨床哲学者)西川勝 × 植島啓司(宗教人類学者)「『「一人」のうらに 尾崎放哉の島へ』刊行記念トーク会費1,000円(1ドリンク付) 定員30名 ※要予約 「咳をしても一人」の句を残し、瀬戸内海の小豆島で没した放浪の俳人・尾崎放哉。元看護師で独創的なケアの哲学を展開する西川勝さんが冬の島へ渡り、自らの人生を振りかえりながら放哉の「孤独」に応答する旅…   » 続きを読む

【東京】「”一人”への誘い 旅と文学」w/ 西川勝氏

2013年10月20日(日)16:00~17:30『「一人」のうらに 尾崎放哉の島へ』(サウダージ・ブックス)刊行記念トークショー(臨床哲学者)西川勝 × 植島啓司(宗教人類学者)「一人」への誘い 旅と文学会場: MARUZEN & ジュンク堂書店  渋谷店 7階喫茶コーナー( ACCESS )定員: 40名入場: 1,000円(1ドリンク付)申込: MARUZEN & ジュン…   » 続きを読む

【大阪】 「人気写真家がみつめた伊勢」w/ 藤代冥砂氏

2013年9月28日(土) 18:00-19:30 宗教人類学者 植島啓司写真家 藤代冥砂受講料: 2,310円会場・お問合せ先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) グラビア写真や広告の撮影など、人気写真家として幅広く活躍する藤代氏。雑誌「SWITCH」では、日本各地のスピリチュアル・スポットをめぐる「神様トリップ」を連載しました。日本でも有数の聖地といわ…   » 続きを読む

【東京】「伊勢の調べと情景」w/ 高木正勝氏

2013年9月21日(土) 18:30-20:00 音楽家・映像作家 高木正勝宗教人類学者 植島啓司 受講料: 2,500円会場・お問合せ先: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿)MAP ※三重県共催  古来より日本人の信仰の対象となり、「お伊勢さん」として愛されてきた伊勢神宮。2013年には20年に一度の式年遷宮が行われます。これを記念して、様々な角度から伊勢を知…   » 続きを読む

【東京】「建築家が見る伊勢神宮」w/ 内藤廣氏

2013年8月30日(金) 19:00-20:30 建築家・東大名誉教授 内藤廣宗教人類学者 植島啓司 受講料: 2,500円会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) ※三重県共催  古来より日本人の信仰の対象となり、「お伊勢さん」として愛されてきた伊勢神宮。2013年には20年に一度の式年遷宮が行われます。これを記念して、「海の博物館」など数多くの建築を手がけ…   » 続きを読む

【大阪】「聖地巡礼― 人は歩いて聖地をめざす」w/ 福元ひろこ氏

2013年8月24日(土) 15:30-17:00 宗教人類学者 植島啓司文筆家 福元ひろこ 受講料: 2,310円会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 その昔、人々は全国各地から歩いて伊勢に向かいました。過酷な旅にもかかわらず、人はなぜ聖地をめざして歩き続けてきたのでしょうか。世界中の道を歩くことをライフワークとし、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路や熊野古道伊勢路…   » 続きを読む

【大阪】「伊勢信仰の深遠」w/ 櫻井治男氏

2013年7月13日(土) 15:30-17:00 宗教人類学者 植島啓司皇學館大学教授 櫻井治男 受講料: 2,310円会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 今年、20年に一度の式年遷宮を迎える伊勢神宮。二千年もの昔から人々の信仰の対象となってきただけでなく、江戸時代の「おかげまいり」の流行などによって、多くの庶民からの人気も得てきました。伊勢が今も…   » 続きを読む

【東京】「聖地・熊野の歩き方」w/ 福元ひろこ氏

2013年7月11日(木)19:30 ~『歩く旅の本 伊勢から熊野まで』(東洋出版)刊行記念 トークイベント「聖地・熊野の歩き方」 出演: 福元ひろこ(文筆家) 植島啓司(宗教人類学者)会場: ジュンク堂書店 池袋本店入場: 1000円(ドリンク付き) 当日、会場の4F喫茶受付でお支払いください。予約・問合せ: ジュンク堂書店池袋本店Phone: 03-5956-6111ama…   » 続きを読む

【兵庫】「おとこが男でいる理由」w/ 鷲田清一氏

2013年5月18日(土)植島啓司 × 鷲田清一 クロストーク “おとこが男でいる理由”開場13:30 開演14:00 終演15:30神戸ファッション美術館4階 第1セミナー室入場無料(定員100名・先着順)主催:神戸ファッション美術館 企画協力:神戸ブランメル倶楽部詳細⇒ 神戸ファッション美術館Blog

【京都】「植島啓司と鏡リュウジが語る”運と偶然について”」

2013年4月7日(日) 13:30- 15:00 宗教人類学者 植島啓司心理占星学研究家 鏡リュウジ受講料: 会員 3,150円 一般3,675円 会場・お問合せ先: 朝日カルチャーセンター京都教室 (京都市中京区河原町) 「運がいい」とはどういうことでしょうか?人生は、気にすればきりがないような小さな課題の連続で、人は無数の選択を強いられながら生き、ときには大きな困難に出合…   » 続きを読む

【大阪】「アジアのなかの大阪」w/ 竹山聖氏

2013年4月6日(土) 16:00- 17:30ASJ(ARCHITECTS STUDIO JAPAN/ アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)UMEDA CELL セミナー(KANSAI6 EXHIBITION IN OSAKA 2013 2013.3/23-4/21 関連イベント)対談「アジアのなかの大阪」竹山聖×植島啓司 ゲスト: 植島啓司 宗教人類学者ホスト: 竹山聖 京…   » 続きを読む

【大阪】「植島啓司×竹山聖 祈りの空間」

2013年2月23日(土) 18:30- 20:00 宗教人類学者 植島啓司建築家 竹山聖受講料:会員 3,150円 一般 3,465円 会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) いったいなぜ人は祈るのでしょうか。祈ることと拝むこととの間にはなにか根本的な違いがあるのでしょうか。どこでも祈ることはできるのになぜか人々はブッダガヤやエルサレムのような祈りの場…   » 続きを読む

【大阪】「出会いの不思議― 哲学者編」w/ 鷲田清一氏

2012年9月28日(金) 18:30-20:00宗教人類学者 植島啓司哲学者・大谷大学教授 鷲田清一受講料: 会員 3,150円 一般 3,465円 会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) みなさんにとって仕事をするうえで大きなヒントとなったのはいったい何でしょう? さまざまなアイデアの中からすばらしいアイデアを生み出すのはどういうメカニズム でしょう…   » 続きを読む

2012 週刊現代 10/6号

週刊現代 2012年10月6日号 (9月21日発売)特別対談 植島啓司 × 山川健一「ここが大人のパワースポット」

【大阪】「出会いの不思議― 生物学者編」w/ 池田清彦氏

2012年8月6日(月) 19:00- 20:30宗教人類学者 植島啓司生物学者 池田清彦受講料:会員 3,150円 一般 3,465円 会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) みなさんにとって仕事をするうえで大きなヒントとなったのはいったい何でしょう?さまざまなアイデアの中からすばらしいアイデアを生み出すのはどういうメカニズムでしょうか?常識的には全然…   » 続きを読む

【大阪】「出会いの不思議― 精神科医編」w/ 名越康文氏

2012年7月13日(金) 18:30- 20:00宗教人類学者 植島啓司精神科医 名越康文受講料:会員 3,150円 一般 3,465円 会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) みなさんにとって仕事をするうえで大きなヒントとなったのはいったい何でしょう?さまざまなアイデアの中からすばらしいアイデアを生み出すのはどういうメカニズムでしょうか?常識的には全…   » 続きを読む

【三重】「3.11から未来へ」w/ 鷲田清一氏

2012年1月9日(祝) 14:00- 16:00 明日の県立図書館フォーラム20123.11から未来へ対談 植島啓司 × 鷲田清一会場: 三重県総合文化センター「フレンテみえ」多目的ホール(三重県津市)主催: 三重県立図書館 共催: 三重県教育委員会、三重県生涯学習センター プログラム:14:00 主催者挨拶14:05 三重県立図書館改革実行計画平成23年度報告    取り組…   » 続きを読む

【大阪】「植島啓司・石川直樹 限界論」

2011年11月15日(火) 19:00- 20:30 宗教人類学者 植島啓司写真家 石川直樹会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) よくスポーツ選手が自分の限界を感じたと引退するときに口にするけれど、いったいその場合の限界とはどのようなことを指しているのでしょうか。理由がけがや病気なら仕方がないと思いますが、そうじゃない場合にはいったい何が基準となるの…   » 続きを読む

【大阪】「植島啓司・名越康文 限界論」

2011年9月13日(火) 19:00- 20:30 宗教人類学者 植島啓司精神科医 名越康文会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) よくスポーツ選手が自分の限界を感じたと引退するときに口にするけれど、いったいその場合の限界とはどのようなことを指しているのでしょうか。理由がけがや病気なら仕方がないと思いますが、そうじゃない場合にはいったい何が基準となるの…   » 続きを読む

【京都】「植島啓司VS名越康文 人はなぜ旅するのか」

2011年1月30日(日) 13:00- 14:30 宗教人類学者 植島啓司精神科医 名越康文会場: 朝日カルチャーセンター京都教室 (京都市中京区河原町) 人類がこの世に出現して以来、「移動」は最大の懸案事項でした。食べ物を求めて?悪天候や疫病から逃れるために?温暖の地を求めて?いかなる理由かは不明ですが、いったん移動を始めるやいなや、彼らはあっというまに世界の果てにまでひろ…   » 続きを読む

【大阪】「桜井章一・植島啓司 限界論」

2010年12月14日(火) 18:30- 20:00 宗教人類学者 植島啓司雀鬼会会長 桜井章一会場: 中央電気倶楽部(大阪市北区堂島浜)問合せ: 朝日カルチャーセンター中之島 よくスポーツ選手が自分の限界を感じたと引退するときに口にするけれど、いったいその場合の限界とはどのようなことを指しているのでしょうか。理由がけがや病気なら仕方がないと思いますが、そうじゃない場合にはい…   » 続きを読む

【東京】「熊野を思い、語る」w/ 細野晴臣氏

2010年3月6日(土) 16:00- 17:30 音楽家 細野晴臣宗教人類学者 植島啓司会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) ※三重県共催⇒ 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」第80回 「スピードは人間の一番大切なものを奪っていく」

『宗教と現代がわかる本 2010』(平凡社)

  責任編集: 渡邊直樹協力: 国際宗教研究所/ 宗教情報リサーチセンター/ 國學院大學日本文化研究所/ 宗教情報センター編集協力: 株式会社風日舎(大西香織+森川由紀)デザイン: 岡本デザイン室株式会社平凡社2010年3月4日 初版第1刷目次 カラーグラビア 聖地と祈り 写真: 野町和嘉 対談 聖地の感覚・宗教と巡礼・原初的な信仰の力 植島啓司 × 野町和嘉 ★ イ…   » 続きを読む

【東京】「世界石巡礼」w/ 須田郡司氏

2009年11月6日(金) 19:00- 20:30 世界遺産登録5周年記念世界石巡礼 ― 聖なる石に出会う旅 ―巨石写真家 須田郡司宗教人類学者 植島啓司 会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室(新宿区西新宿) ※三重県共催 聖なる場、石をテーマに撮影を続ける須田氏。世界各地のフィールドワークから、聖地は動かないとする植島氏。世界の聖なる石の写真をスライドで鑑賞しながら、石の…   » 続きを読む

2 / 41234