Tag Archives: エリアーデ

2011 en-taxi Vol.33

en-taxi ODAIBA MOOKVol. 33 Summer 2011特集=マイ・リトルプレス、思い出の小出版社、雑誌 株式会社扶桑社2011年7月30日発行P38- 41植島啓司「名編集者・中野幹隆との出会い」  ぼくが大学生だった一九六〇年代後半から七〇年代にかけては雑誌の黄金時代で、それからの十年間に、例を見ないほど多くの雑誌が創刊されたのだった。まだ大学に入ったば…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 39 伊勢から出雲へ

第39回・伊勢から出雲へ 01 西洋人はなぜ神道を理解できないのか02 台風6号03 『知られざる日本の面影』04 台風一過 ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/040707/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回 amazon

『聖地の想像力 – なぜ人は聖地をめざすのか』(集英社新書)

  著者: 植島啓司株式会社集英社(集英社新書0037C)2000年6月21日 第一刷発行   目次 口絵はじめに01 聖地の定義02 石組み03 この世に存在しない場所04 ドン・ファンの教え05 もうひとつのネットワーク06 巡礼07 世界軸 axis mundi08 二つの聖地09 夢見の場所10 感覚の再編成註一覧おわりに図版・写真一覧  …   » 続きを読む

『宗教学講義 – いったい教授と女生徒のあいだに何が起こったのか』(ちくま新書)

  著者: 植島啓司株式会社筑摩書房(ちくま新書178)1998年11月20日 第一刷発行   目次 ― 第1章 ご随意に主要な登場人物は教授と女生徒(十八歳)。ある日、女生徒が教授の家に個人授業にやってくる。彼女は、育ちのいい、礼儀正しい、明るい娘で、足をそろえ、カバンを膝の上に置き、お行儀よく待っている。それに対して、教授は、ていねいだが、やや落ち着きが…   » 続きを読む

『男が女になる病気』(集英社文庫)

  著者: 植島啓司株式会社集英社(集英社文庫400)1998年5月25日 第一刷   目次 三人の証言 第 1章 想像力 第 2章 ヒポクラテス 第 3章 反応系 第 4章 同性愛 第 5章 ヘロドトス 第 6章 野生の思考・医学 第 7章 悪魔祓い 第 8章 卜占法 第 9章 <合理的>治療 第10章 アリストテレス 神の病い 第11章 動物・夢・病気 …   » 続きを読む

『男が女になる病気 – 医学の人類学的構造についての30の断片』(福武文庫)

  著者: 植島啓司株式会社ベネッセコーポレーション(福武文庫)1996年3月 5日 第一刷印刷1996年3月11日 第一刷発行   目次 三人の証言  1 想像力  2 ヒポクラテス  3 反応系  4 同性愛  5 ヘロドトス  6 野生の思考・医学  7 悪魔祓い  8 卜占法  9 <合理的>治療  10 アリストテレス 神の病い 11 動物・夢・病…   » 続きを読む

『天使のささやき – 宗教・陶酔・不思議の研究』(人文書院)

  著者: 植島啓司装幀: 倉本修人文書院1993年2月  1日 初版第一刷印刷1993年2月10日 初版第一刷発行   目次 1 天使のささやき 1-1 天使のささやき 1-2 見えるものと見えないもの 2 善悪の一つの彼岸 2-1 善悪の一つの彼岸 2-2 アジアの肉体の黄金(対談) 2-3 南島へ 3 宗教とそれ以外のもの 3-1 宗教とそれ以外のもの…   » 続きを読む

『新版 男が女になる病気 – 医学の人類学的構造についての30の断片』(朝日出版社)

  著者: 植島啓司朝日出版社(エピステーメー叢書)1989年8月20日 第一刷発行   目次 三人の証言  1 想像力  2 ヒポクラテス  3 反応系  4 同性愛  5 ヘロドトス  6 野生の思考・医学  7 悪魔祓い  8 卜占法  9 <合理的>治療 10 アリストテレス 神の病い 11 動物・夢・病気 12 類型学 13 <神の病い> 14 口…   » 続きを読む

『男が女になる病気 – 医学の人類学的構造についての三〇の断片』(朝日出版社)

  著者: 植島啓司 装幀: 辻修平 発行所: 朝日出版社 シリーズ名: エピステーメー叢書29 発行: 1980年04月25日