Tag Archives: 聖地

3 / 41234

【東京】「聖地へ行こう!」

2012年5月6日(日) 17:00- 19:00『日本の聖地ベスト100』(集英社新書)刊行記念植島啓司トークショー「聖地へ行こう!」会場: 青山ブックセンター本店 大教室インタビュアー: マーマーマガジン編集長 服部みれい料金: 1,260円(電話予約の上、当日精算)定員 110名申込: 青山ブックセンター本店 Phone 03-5485-5511(10:00- 22:00…   » 続きを読む

『日本の聖地ベスト100』(集英社新書)

    著者: 植島啓司株式会社集英社(集英社新書 0639C)2012年4月22日 第一刷発行   目次 序 日本の聖地ランキング一覧 旅のはじめに 1. 誰もが神がいると思っているところに神はいない  2. 結界  3. 二つの聖地 第一章 室生寺・長谷寺 1. 室生寺 2. 室生龍穴 3. 長谷寺 4. 瀧蔵社 第二章 日光・瀧尾神社 1. 東照宮から…   » 続きを読む

【大阪】 発売記念講座「日本の聖地ベスト100」

2012年4月21日(土) 13:30- 15:00 講師: 宗教人類学者 植島啓司受講料:会員 2,625円 一般 2,940円 会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) このたびいよいよ『日本の聖地ベスト100』(集英社新書)が出ることになりました。タイトルは「日本の聖地ベスト100」としましたが、ただ聖地を順に列挙して、恣意的にランキング付けしたもの…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 85 日本の聖地ベスト100

第85回「日本の聖地ベスト100」01 記憶02 室生寺ふたたび03 聖林寺まで04 日本の聖地ベスト100 ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/120418/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回 amazon

TOKYO FM「未来授業」 Vol.159

2012年04月10日 植島啓司 第2回 未来授業 Vol.159 今週の講師は、宗教人類学者の植島啓司さんです。 1970年代から調査研究のため、世界の“聖地”を巡り、旅を続けています。 また植島さんは、30年以上をかけて、日本の聖地もくまなく訪ね歩いてきました。 日本はいま空前の「聖地ブーム」。 「パワースポット」とも呼ばれ、特集やツアーが数多く組まれています。日本人はなぜ…   » 続きを読む

TOKYO FM「未来授業」 Vol.158

2012年04月09日 植島啓司 第1回 未来授業 Vol.158 今週の講師は、宗教人類学者の植島啓司さんです。 1970年代から調査研究のため、世界の“聖地”を巡り、旅を続けています。 また植島さんは、30年以上をかけて、日本の聖地もくまなく訪ね歩いてきました。 日本はいま空前の「聖地ブーム」。 「パワースポット」とも呼ばれ、特集やツアーが数多く組まれています。日本人はなぜ…   » 続きを読む

JFN「PEOPLE 編集長!お時間です。」

   MP3 http://www2.jfn.co.jp/people/editor/podcast.html2011年12月18日 PEOPLE 編集長!お時間です。By JAPAN FM NETWORK この番組は、各分野で活躍する方々を招き、彼・彼女のキャリアに裏付けされた生き方、こだわりなどを番組独自の観点から引き出していく対談番組です。現在東京大学大学院教授…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 84 出羽三山へ

第84回「出羽三山へ」 01 森敦『月山』02 出羽三山03 湯殿山04 月山へ05 即身成仏 ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/111129/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回 amazon

愛・賭け・遊び 83 大湯環状列石

第83回「大湯環状列石」 01 大湯環状列石02 黒又山、月山(つきやま)へ03 祈りの場 ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/110920/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回 amazon

【東京】 連続講座「聖地― 死ぬまでに一度は行きたい場所」

2011年 7月1日 8月5日 9月2日 金曜日 19:00- 20:30 計3回 会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) 聖地― 死ぬまでに一度は行きたい場所 聖なる場所には必ず理由があります。現地取材をライフワークに、聖地の本質を問い続ける宗教人類学者が、熊野、伊勢、出雲の聖地について貴重な調査映像も交えて紹介します。あわせて、「われわれは他人を救えるのか…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 82 高知・足摺岬へ

第82回「高知・足摺岬へ」 01 「ビバ・アメリカ」02 旅はさらに続く03 足摺岬04 巨石群05 唐人駄場06 よき時代よ、再び ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/110823/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回

【東京】 連続講座「聖地― 人はなぜ旅をするのか」

2011年 4月8日 5月13日 6月10日金曜日 19:00- 20:30 計3回 会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) 人はなぜ旅をするのか 人類がこの世に出現して以来、「移動」は最大の懸案事項でした。食べ物を求めて? 悪天候や疫病から逃れるために? 温暖の地を求めて? いかなる理由かは不明ですが、いったん移動を始めるやいなや、彼らはあっというまに世界の…   » 続きを読む

【東京】出版記念企画「聖地への旅」

2010年10月7日(木) 18:30- 20:00出版記念企画聖地への旅 人はなぜ移動し続けるのか?講師:宗教人類学者 植島啓司会場:朝日カルチャーセンター新宿教室(新宿区西新宿) 人類が出現して以来、時折襲いかかる天変地異、異常気象、疫病の流行などによって、彼らはつねに生存の危機にさらされていた。それゆえに人々にとって「移動」は最大の懸案事項であった。現在のわれわれからする…   » 続きを読む

『図説 聖地への旅』(原書房)

  著者: レベッカ・ハインド監訳: 植島啓司装幀: 川島進(スタジオギブ)株式会社原書房2010年9月20日 第1刷   目次 序文 植島啓司 01 人間は移動する動物である 02 聖地巡礼 03 変貌する聖地 04 聖と俗 Part 1 歴史と神秘  1. ナラン湖  2. 嘆きの壁  3. 泰山  4. ブッダガヤの菩提樹  5. アッピア街道  6.…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 81 生きるチカラ

第81回「生きるチカラ」 01 生きるチカラ02 阿蘇03 熊野倶楽部04 気まぐれな旅 ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/100712/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回 ⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回 amazon

2010 男の隠れ家 6月号

男の隠れ家 6月号特集=日本の「聖地」を往く株式会社グローバルプラネット2010年6月27日発行(2010年4月27日発売)P22- 29 三重~和歌山県原初の神々が籠もる地、熊野案内人: 植島啓司(うえしま・けいじ) 中世には「蟻の熊野詣」と呼ばれるほど爆発的に流行し、現在でもなお人々を魅了し続ける聖地「熊野」。『古事記』や『日本書紀』の成立よりはるか以前の原初の信仰の形を今…   » 続きを読む

『宗教と現代がわかる本 2010』(平凡社)

  責任編集: 渡邊直樹協力: 国際宗教研究所/ 宗教情報リサーチセンター/ 國學院大學日本文化研究所/ 宗教情報センター編集協力: 株式会社風日舎(大西香織+森川由紀)デザイン: 岡本デザイン室株式会社平凡社2010年3月4日 初版第1刷目次 カラーグラビア 聖地と祈り 写真: 野町和嘉 対談 聖地の感覚・宗教と巡礼・原初的な信仰の力 植島啓司 × 野町和嘉 ★ イ…   » 続きを読む

【東京】「産霊の信仰」+「吉野・高野・熊野から世界遺産を考える」

2010年2月13日(土) 16:00- 18:30紀伊山地三霊場会議設立記念吉野・高野・熊野から世界遺産を考える16:00- 16:30 植島啓司 基調講演『産霊(むすび)の信仰』16:40- 18:30 5名によるフォーラム宗教人類学者 植島啓司筑波大学教授、イコモス(国際記念物遺跡会議)会員 稲葉信子金峯山修験本宗宗務総長、紀伊山地三霊場会議代表幹事 田中利典高野山真言宗…   » 続きを読む

【大阪】「神と仏 紀伊山地・聖地のラッシュアワー」w/ 九鬼家隆氏・田中利典氏

2010年1月23日(土) 14:00- 15:30 宗教人類学者 植島啓司 熊野本宮大社宮司 九鬼家隆金峯山修験本宗宗務総長 田中利典会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島)『熊野 神と仏』(原書房)出版記念 神と仏 紀伊山地・聖地のラッシュアワー 初詣、お盆の習慣に見られるように、多くの日本人の生活に当り前のように組み込まれている、神と仏の文化。これら…   » 続きを読む

【東京】「世界石巡礼」w/ 須田郡司氏

2009年11月6日(金) 19:00- 20:30 世界遺産登録5周年記念世界石巡礼 ― 聖なる石に出会う旅 ―巨石写真家 須田郡司宗教人類学者 植島啓司 会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室(新宿区西新宿) ※三重県共催 聖なる場、石をテーマに撮影を続ける須田氏。世界各地のフィールドワークから、聖地は動かないとする植島氏。世界の聖なる石の写真をスライドで鑑賞しながら、石の…   » 続きを読む

【東京】「神と仏の森 熊野」w/ 九鬼家隆氏・田中利典氏

2009年7月25日(土) 18:30- 20:00世界遺産登録5周年記念神と仏の森 熊野熊野本宮大社宮司 九鬼家隆 金峯山修験本宗宗務総長 田中利典宗教人類学者 植島啓司 古より神と仏への信仰が折り重なり、特有の文化的景観を持つ聖地熊野は、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されて今年で5年を迎えます。このたび、神仏習合という考え方に特にかかわりの深い、紀伊山地を代…   » 続きを読む

【東京】「世界遺産・神々が眠る熊野を歩く」w/ 鈴木理策氏

2009年5月8日(金) 19:00- 20:30出版記念対談世界遺産・神々が眠る熊野を歩く写真家・東京藝術大学准教授 鈴木理策宗教人類学者 植島啓司会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) ※三重県共催 世界の聖地を研究する植島氏と、自らの原点である熊野を写し続ける鈴木氏が、世界遺産5周年を記念して「世界遺産・神々の眠る熊野を歩く」を出版しました。この本は、こ…   » 続きを読む

『世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く』(集英社新書)

  著者: 植島啓司写真: 鈴木理策株式会社集英社(集英社新書 ビジュアル版 13V)2009年4月22日 第一刷発行   目次 はじめに01 謎02 神仏習合03 熊野の深部へ04 籠もり(incubation)05 神地06 石の力07 熊野古道08 花山院09 小栗判官10 一遍上人11 熊野の託宣12 熊野の神はどこから来たのか?13 神武天皇14 …   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 68 串本・古座調査2008年初夏(続)

第68回「串本・古座調査2008年初夏(続)」 01 古座へ02 「嶽(だけ)さん」03 さらに、旅は続く ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/080723/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回  ⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回 amazon

3 / 41234