Tag Archives: 澁澤龍彦

産経ニュース「【この本と出会った】 真に読むに値する本とは…『パンセ』」

産経ニュース2015.4.5 12:29更新 【この本と出会った】真に読むに値する本とは…『パンセ』 宗教人類学者・植島啓司p1 http://www.sankei.com/life/news/150405/lif1504050034-n1.html p2 http://www.sankei.com/life/news/150405/lif1504050034-n2.htmla…   » 続きを読む

2013 週刊現代 5/11・18合併号

著名人が選ぶ 行けば元気になる「私のパワースポット」 宗教人類学者 植島啓司 京都府右京区 常照皇寺(じょうしょうこうじ) 皇室ゆかりの寺で静寂に包まれる    貞治元年(1362年)に光厳法皇が創建した古刹。植島氏の尊敬する作家・澁澤龍彦氏が、この寺をこよなく愛したことが、来訪のきっかけだった。 「皇室ゆかりの寺ですが、焼き討ちに遭うなど幾度も荒廃し、それでも生きな…   » 続きを読む

【大阪】 連続講座「旅する人々」

2012年 1月23日 2月13日 3月12日 月曜日 19:00- 20:30 計3回 会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 旅する人々 これまで多くの人々が旅をしてきました。モンテーニュ、ランボー、D・H・ロレンスらのような内省的な作家たちも実際は旅のなかで作品を書いてきたのです。この「旅のなかで」というのが大切な点で、あくまでも「旅について」では…   » 続きを読む

『突然のキス – 恋愛で読み解く日本文学』(ちくま文庫)

著者: 植島啓司株式会社筑摩書房(ちくま文庫 う-35-1)2012年3月10日 第一刷発行目次 1 『神隠し』藤沢周平2 『誰も知らぬ』太宰治3 『事件』大岡昇平4 『ねむり姫』澁澤龍彦5 『三匹の蟹』大庭みな子6 『眠れる美女』川端康成7 『暗室』吉行淳之介8 『姑獲鳥の夏』京極夏彦9 『喜寿童女』石川淳10『水の女』中上健次11『センセイの鞄』川上弘美12『外科室』泉鏡花…   » 続きを読む

2011 en-taxi Vol.33

en-taxi ODAIBA MOOKVol. 33 Summer 2011特集=マイ・リトルプレス、思い出の小出版社、雑誌 株式会社扶桑社2011年7月30日発行P38- 41植島啓司「名編集者・中野幹隆との出会い」  ぼくが大学生だった一九六〇年代後半から七〇年代にかけては雑誌の黄金時代で、それからの十年間に、例を見ないほど多くの雑誌が創刊されたのだった。まだ大学に入ったば…   » 続きを読む

(旧blog 08)あわただしく夏も過ぎゆく

はやくも アルメニア、グルジア、オーストリアから戻って 2週間が経ちました。7/24に成田に着き、 翌25日に熊野本宮大社の九鬼家隆宮司と 吉野金峯山寺の田中利典宗務総長との公開シンポジウムをやって、 7/26は母の命日なのですぐまた新幹線に飛び乗って、 お墓参りに京都に出かけました。 夕立に遇いました。それからたまっていた仕事を片づけて、 8/5は澁澤龍彦さんの23回忌で鎌倉…   » 続きを読む

【大阪】 連続講座「人間の心の謎を解く(小説篇)第2弾」

2009年 1月19日 1月26日 2月9日 2月23日 3月9日 3月23日 月曜日 19:00- 20:30 計6回 会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 人間の心の謎を解く(小説篇)第2弾 だれが真実を語っているのか? これまで傑作と呼ばれる作品のなかには数多くの未解決の謎が残されています。真実はひとつに見えますが、実はそう簡単ではないのです。こ…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 23 夢中にさせて

第23回・夢中にさせて01 遊び続けて02 毛皮族03 さらに、大阪へ04 まだまだ夏は続く⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/030821/index.html   集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回 amazon

『男が女になる病気』(集英社文庫)

  著者: 植島啓司株式会社集英社(集英社文庫400)1998年5月25日 第一刷   目次 三人の証言 第 1章 想像力 第 2章 ヒポクラテス 第 3章 反応系 第 4章 同性愛 第 5章 ヘロドトス 第 6章 野生の思考・医学 第 7章 悪魔祓い 第 8章 卜占法 第 9章 <合理的>治療 第10章 アリストテレス 神の病い 第11章 動物・夢・病気 …   » 続きを読む

『男が女になる病気 – 医学の人類学的構造についての30の断片』(福武文庫)

  著者: 植島啓司株式会社ベネッセコーポレーション(福武文庫)1996年3月 5日 第一刷印刷1996年3月11日 第一刷発行   目次 三人の証言  1 想像力  2 ヒポクラテス  3 反応系  4 同性愛  5 ヘロドトス  6 野生の思考・医学  7 悪魔祓い  8 卜占法  9 <合理的>治療  10 アリストテレス 神の病い 11 動物・夢・病…   » 続きを読む

『新版 男が女になる病気 – 医学の人類学的構造についての30の断片』(朝日出版社)

  著者: 植島啓司朝日出版社(エピステーメー叢書)1989年8月20日 第一刷発行   目次 三人の証言  1 想像力  2 ヒポクラテス  3 反応系  4 同性愛  5 ヘロドトス  6 野生の思考・医学  7 悪魔祓い  8 卜占法  9 <合理的>治療 10 アリストテレス 神の病い 11 動物・夢・病気 12 類型学 13 <神の病い> 14 口…   » 続きを読む

『分裂病者のダンスパーティ』(リブロポート)

  著者: 植島啓司造本構成: 戸田ツトム本文レイアウト: 矢内慧株式会社リブロポート1985年5月14日 第一版   目次序 澁澤龍彦  1 土曜の夜  6 愛の機械  9 SMショー12 調教113 調教221 調教322 調教424 陵辱28 いつも過剰なもの30 マッドパーティ31 石蹴り遊び34 公園135 公園237 さまざまな陰謀40 揺らぎ4…   » 続きを読む

『男が女になる病気 – 医学の人類学的構造についての三〇の断片』(朝日出版社)

  著者: 植島啓司 装幀: 辻修平 発行所: 朝日出版社 シリーズ名: エピステーメー叢書29 発行: 1980年04月25日