『しあわせなデザイン』(求龍堂)

co_20040421

 

編著: 伊藤俊治
企画: 株式会社資生堂
デザイン: 林修三(リムラムデザイン)
カバー写真: 野町和嘉
編集協力: 斎藤明
株式会社求龍堂(SA読本 vol.5
2004年4月21日 発行

 

目次

序章   「しあわせなデザインと生きた時間」  伊藤俊治(美術史家)
第1章 「リフォームとリノベーションの時代」  曽我部昌史(建築家) × 伊藤俊治
第2章 「行為と環境 見えないデザイン」   深澤直人(プロダクト・デザイナー) × 伊藤俊治
第3章 「単身と老いのための住みか」     竹山聖(建築家) × 伊藤俊治
第4章 「イメージと心の考古学」       港千尋(写真家) × 伊藤俊治
第5章 「構想と創造、自己を動かす力」    川俣正(美術家) × 伊藤俊治
第6章 「コミュニケーションデザインの未来」 植島啓司(宗教人類学者) × 伊藤俊治 ★
    (2003年11月 東京銀座資生堂ビル WORDにて)

sa essay 永遠と一瞬               今福龍太
sa art  色情花                  荒木経惟
sa poem 不能の不機嫌              片岡直子
sa power of art 光をつかむ様な話         小野庄一
sa cinema 映画に描かれた「デザインと生活」 細越麟太郎

SA講座 講演者紹介

amazon