【大阪】連続講座「植島啓司 エロスを語る」

2014年 1月20日 2月3日 2月24日 3月10日 3月24日
月曜日 19:00- 20:30
受講料: 計5回 会員 13,125円 / 一般 14,700円

会場・申込先: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島)

今回はさまざまな分野を横断しながらセックスのフィールドワークを試みたいと思っています。沢尻エリカ主演で映画化された『ヘルタースケルター』、いま女性からも大反響のAV監督二村ヒトシの名著『すべてはモテるためである』から、サドの最高傑作『悪徳の栄え』『美徳の不幸』に至るまで、縦横無尽に語りつくしたいと思っています。映像やマンガなども参照しながら、これからのセクシュアリティの行方について考えていきましょう。

1/20 岡崎京子『ヘルタースケルター』
2/03 二村ヒトシ『すべてはモテるためである』
2/24 マルキ・ド・サド『悪徳の栄え』『美徳の不幸』
3/10 シュニッツラー『カサノヴァの帰還』
3/24 アニエス・ジアール『エロティック・ジャポン』


amazon