『賭ける魂』(講談社現代新書)

bk_20080520

 

著者: 植島啓司
株式会社講談社(講談社現代新書1942
2008年5月20日 第一刷発行

 

目次

序文 生きるとは「いま」を生きることである

Ⅰ 人間は自分以外の力を必要とする
 01 サマルカンドの死神
 02 ギャンブルと経済とゲームは同じ
 03 生命の連続性
 04 中山競馬場2008年春
 05 ラスベガス
 06 バハマの若い女
 07 働かない男たち
 08 大学教授
 09 ジャパンカップ始末記(1999年)

Ⅱ 自分のことはわからない
 10 わからない
 11 羽生名人「将棋の手はほとんどが悪手である」
 12 東大以前
 13 人間だれしも過ちはある
 14 大学院
 15 遊ぶべきか働くべきか
 16 東大以後
 17 わからないことに意味がある
 18 テレパス

Ⅲ 賭ければパラダイス
 19 競馬の快楽
 20 賭博師の破滅
 21 弱いディーラー
 22 勝敗の分かれ目
 23 香港のカジノ
 24 絶不調
 25 勝敗は前もって決まっている?
 26 ヘミングウェイ『移動祝祭日』
 27 偶然が存在するから世の中はおもしろい

Ⅳ われわれはどこへ行くのか
 28 運は一方的に下降する
 29 ドストエフスキー『賭博者』
 30 数字の魔力
 31 賭ける魂
 32 「ギャンブルは勝ち負けではない」
 33 未来は決まっている?
 34 競馬はだれとの戦いか
 35 ささやかな夢
 36 プールサイドにて


あとがき

 

amazon



参考文献(「注」より)

  • W・パウンドストーン『天才数学者はこう賭ける』松浦俊輔訳、青土社、2006年
  • M・オーキン『勝ち目はあるか?!』中村和幸訳、白揚社、1992年
  • 樋口修吉『舶来ギャンブル放浪記』角川書店、1990年
  • F・サガン『私自身のための優しい回想』朝吹三吉訳、新潮文庫、1995年
  • 色川武大「男の花道」『ちくま日本文学全集8 色川武大』筑摩書房、1991年
  • 阿佐田哲也「ロマンと現実の間」『近代麻雀』1977年
  • 羽生善治インタビュー『将棋世界』2006年8月号
  • 保坂和志「羽生善治とは何か」『将棋世界』別冊、1996年
  • ヴィトゲンシュタイン『反哲学的断章』丘澤静也訳、青土社、1981年
  • フィリップ・K・ディック『偶然世界』小尾芙佐訳、早川書房、1955年
  • 阿佐田哲也『阿佐田哲也の競輪教科書』徳間書店、1989年
  • 谷岡一郎『ギャンブルフィーヴァー』中公新書、1996年
  • 小林章夫『賭けとイギリス人』ちくま新書、1995年
  • ヘミングウェイ『移動祝祭日』福田陸太郎訳、岩波書店、1990年
  • ドストエフスキー『賭博者』原卓也訳、新潮文庫、1979年
  • スティーヴン・キング『バトルランナー』酒井昭伸訳、サンケイ文庫、1982年
  • J・G・バラード『時の声』吉田誠一訳、創元推理文庫、1962年
  • 月本裕『賭ける魂~闇に消えた20世紀最大のギャンブラーを追って』情報センター出版局、1998年
  • 『カサノヴァ回想録』窪田般彌訳、河出書房新社、1968年