Category Archives: Archive
アーカイヴ

19 / 19« 先頭...510...1516171819

『生命の樹 ― 中心のシンボリズム』(平凡社)

  著者: ロジャー・クック訳者: 植島啓司装丁: 郡幸男株式会社平凡社 「イメージの博物誌」151982年12月15日 初版第一刷発行   目次 訳者解説― 樹木と夢、または想像力の変貌 植島啓司想像力の樹中心の樹豊饒の樹上昇の樹さかさまの樹 図版 供儀の樹知恵の樹歴史の樹内的必然の樹 図版 資料図版とその解説 中心の樹 中心からの再生 魂の樹 樹と蛇 上…   » 続きを読む

1981- 1982 関西大学文学論集

關西大學文學論集 關西大學文學會 編1981年11月 31巻 2号p51- 70 カスタネダと宗教学 ― 1―1982年11月 32巻 1号P85- 108 カスタネダと宗教学 ― 2―

1982 現代思想 8月号( Vol.10- 10)

現代思想 八月号 第00巻第00号 特集= 現代アメリカの思想青土社 1982年8月1日 発行P00- 00「ヴィクター・ターナー」 植島啓司※ 『ディスコミュニケーション』(リブロポート)P213- 214 に引用あり  

『男が女になる病気 – 医学の人類学的構造についての三〇の断片』(朝日出版社)

  著者: 植島啓司 装幀: 辻修平 発行所: 朝日出版社 シリーズ名: エピステーメー叢書29 発行: 1980年04月25日  

『悪のシンボリズム』(渓声社)

  著者: ポール・リクール訳者: 植島啓司・ 佐々木陽太郎 渓声社1977年3月

1974 宗教研究

宗教研究(Journal of Religious Studies)v.48 n.11974年9月日本宗教学会p63- 87「ルペルカーリア祭における儀礼と伝承–ジョルジュ・デュメジルの学説を中心に」http://ci.nii.ac.jp/naid/40001721745

1973 詩と思想 1月号

月刊詩誌『詩と思想』1973年1月号土曜社1972年12月P00- 00熊野本地譚と聖なる表徴 植島啓司   ※ 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 第56回 ぼくが一般の商業誌に書いた最初のエッセイは「熊野本地譚と聖なる表徴」(『詩と思想』1972年)と題されたものだったし、けっこう熊野へのこだわりは30年以上にもなるのだった。

19 / 19« 先頭...510...1516171819