2013 週刊文春 5/23号

ma_20130516
週刊文春 2013年5月23日号

文春図書館 活字まわり
「世界の全ての記憶」 植島啓司 27

 一九九六年のこと、サルが特定の行為をしているときに活性化するニューロンを調べていたら、同じ行為を実験者がしているのを目にしたときにも、サルの同じ部位のニューロンが活性化することが偶然わかった。つまり、実際に行為とかかわっている時もいない時も、脳の中では「経験を共有」できているということである。これはパルマ大学のジャコモ・リゾラッティ教授らの発見で、いまや「ミラーニューロン」(共感細胞)として注目を集めている。…..(つづく)

 

amazon