Category Archives: Archive
アーカイヴ

【大阪】 連続講座「愛はなぜ終わるのか」

2010年 10月4日 10月25日 11月8日 11月22日 12月13日 12月27日月曜日 19:00- 20:30 計6回 会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 愛はなぜ終わるのか かつてヘレン・フィッシャーは「愛は4年で終わるのが自然であり、不倫も、離婚をくりかえすことも、裏切りも、ごく自然なこと」だと説いた。人はなぜ他の人に魅かれるのか、そ…   » 続きを読む

【大阪】「桜井章一・植島啓司 限界論」

2010年12月14日(火) 18:30- 20:00 宗教人類学者 植島啓司雀鬼会会長 桜井章一会場: 中央電気倶楽部(大阪市北区堂島浜)問合せ: 朝日カルチャーセンター中之島 よくスポーツ選手が自分の限界を感じたと引退するときに口にするけれど、いったいその場合の限界とはどのようなことを指しているのでしょうか。理由がけがや病気なら仕方がないと思いますが、そうじゃない場合にはい…   » 続きを読む

2011 kotoba 冬号

[集英社クオータリー] コトバ第2号 kotoba 2011年冬号特集=「脱成長」の経済を生きる。株式会社集英社2010年12月6日P134- 139 幸福に結びつく豊かさとは? 世界最貧国ネパールで考える GDPの上昇に血道を上げてきた日本などの先進諸国。しかし今、日本で幸せを感じている人は何人いるだろうか?世界中を見わたせば、経済的・物質的には貧しくとも、精神的な豊かさを享…   » 続きを読む

『心コレクション』(文藝春秋)

  著者: 植島啓司原案・監修: 秋山道男株式会社文藝春秋2010年11月30日 第一刷発行目次 序 Ⅰ ATTITUDE 心がまえ 001 必要なのはおもしろい人 002 人生のいらない箱 003 手に入らないものは必要ないもの 004 もらわないで あげる 005 心から人の話を聞く 006 人を先に わたしを後に 007 時間よ 止まるな 008 我慢したくなっ…   » 続きを読む

(動画)文藝春秋ちゃんねる

文藝春秋ちゃんねる 植島啓司『心コレクション』インタビュー ⇒ ニコニコ動画  

【東京】出版記念企画「聖地への旅」

2010年10月7日(木) 18:30- 20:00出版記念企画聖地への旅 人はなぜ移動し続けるのか?講師:宗教人類学者 植島啓司会場:朝日カルチャーセンター新宿教室(新宿区西新宿) 人類が出現して以来、時折襲いかかる天変地異、異常気象、疫病の流行などによって、彼らはつねに生存の危機にさらされていた。それゆえに人々にとって「移動」は最大の懸案事項であった。現在のわれわれからする…   » 続きを読む

『図説 聖地への旅』(原書房)

  著者: レベッカ・ハインド監訳: 植島啓司装幀: 川島進(スタジオギブ)株式会社原書房2010年9月20日 第1刷   目次 序文 植島啓司 01 人間は移動する動物である 02 聖地巡礼 03 変貌する聖地 04 聖と俗 Part 1 歴史と神秘  1. ナラン湖  2. 嘆きの壁  3. 泰山  4. ブッダガヤの菩提樹  5. アッピア街道  6.…   » 続きを読む

【大阪】 発売記念講座「生きるチカラ」

2010年7月26日(月) 19:00- 20:30 講師: 宗教人類学者 植島啓司受講料:会員 2,625円 一般 2,940円会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) ようやく3年かかって「生きるチカラ」(集英社新書)が発売されることになりました。そこで扱われているテーマの一つに「人生における選択」ということがあります。 一言で選択といっても、多くの場…   » 続きを読む

『生きるチカラ』(集英社新書)

著者: 植島啓司株式会社集英社(集英社新書0549C)2010年7月21日 第一刷発行 目次 はじめに Lesson 1 生きるのに「正しい」も「間違い」もない なんでも知ればいいというものではない 「計画された偶然」を生きる たとえ不測の事態が起こっても 過ちはなぜ起こるのか 好きな男が二人いる。あなたはどちらを選ぶだろうか 「人間どうせ生きているうちのことじゃないの」 出会…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 81 生きるチカラ

第81回「生きるチカラ」 01 生きるチカラ02 阿蘇03 熊野倶楽部04 気まぐれな旅 ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/100712/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回 ⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回

2010 文藝春秋SPECIAL 夏号

文藝春秋SPECIAL 季刊夏号 特集=もう一度日本を旅する2010年5月27日株式会社文藝春秋P34- 36熊野 神が降り立った場所 植島啓司

2010 男の隠れ家 6月号

男の隠れ家 6月号特集=日本の「聖地」を往く株式会社グローバルプラネット2010年6月27日発行(2010年4月27日発売)P22- 29 三重~和歌山県原初の神々が籠もる地、熊野案内人: 植島啓司(うえしま・けいじ) 中世には「蟻の熊野詣」と呼ばれるほど爆発的に流行し、現在でもなお人々を魅了し続ける聖地「熊野」。『古事記』や『日本書紀』の成立よりはるか以前の原初の信仰の形を今…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 80 スピードは人間の一番大切なものを奪っていく

第80回「スピードは人間の一番大切なものを奪っていく」 01 目的のない旅02 上海03 細野晴臣04 ふたたび熊野へ ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/100406/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回  ⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回

【大阪】 連続講座「生きるチカラ」

2010年 1月18日 1月25日 2月8日 2月22日 3月8日 3月29日 月曜日 19:00- 20:30 計6回会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 生きるチカラ この世で起こることはすべて、楽しいと思えば楽しいし、また、しんどいと思えばしんどいものです。それなら物事を気楽に考えたほうがよさそうに思えるのですが、なかなかそうもいきません。どうす…   » 続きを読む

【東京】「熊野を思い、語る」w/ 細野晴臣氏

2010年3月6日(土) 16:00- 17:30 音楽家 細野晴臣宗教人類学者 植島啓司会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室 (新宿区西新宿) ※三重県共催⇒ 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」第80回 「スピードは人間の一番大切なものを奪っていく」

『宗教と現代がわかる本 2010』(平凡社)

  責任編集: 渡邊直樹協力: 国際宗教研究所/ 宗教情報リサーチセンター/ 國學院大學日本文化研究所/ 宗教情報センター編集協力: 株式会社風日舎(大西香織+森川由紀)デザイン: 岡本デザイン室株式会社平凡社2010年3月4日 初版第1刷目次 カラーグラビア 聖地と祈り 写真: 野町和嘉 対談 聖地の感覚・宗教と巡礼・原初的な信仰の力 植島啓司 × 野町和嘉 ★ イ…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 79 料理は愉しい

第79回「料理は愉しい」 01 豚ロースの生姜焼き02 料理を暗号解読する03 快楽の技術の向上 ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/100215/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~20回

【東京】「産霊の信仰」+「吉野・高野・熊野から世界遺産を考える」

2010年2月13日(土) 16:00- 18:30紀伊山地三霊場会議設立記念吉野・高野・熊野から世界遺産を考える16:00- 16:30 植島啓司 基調講演『産霊(むすび)の信仰』16:40- 18:30 5名によるフォーラム宗教人類学者 植島啓司筑波大学教授、イコモス(国際記念物遺跡会議)会員 稲葉信子金峯山修験本宗宗務総長、紀伊山地三霊場会議代表幹事 田中利典高野山真言宗…   » 続きを読む

【大阪】「神と仏 紀伊山地・聖地のラッシュアワー」w/ 九鬼家隆氏・田中利典氏

2010年1月23日(土) 14:00- 15:30 宗教人類学者 植島啓司 熊野本宮大社宮司 九鬼家隆金峯山修験本宗宗務総長 田中利典会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島)『熊野 神と仏』(原書房)出版記念 神と仏 紀伊山地・聖地のラッシュアワー 初詣、お盆の習慣に見られるように、多くの日本人の生活に当り前のように組み込まれている、神と仏の文化。これら…   » 続きを読む

【大阪】 連続講座「祈り・ダンス・音楽」

2009年 10月5日 10月26日 11月19 11月230日 12月7日 12月21日 月曜日 19:00- 20:30 計6回会場: 朝日カルチャーセンター中之島教室 (大阪市北区中之島) 祈り・ダンス・音楽 なにもかもインターネットやユーチューブなどを通して手に入れられるようになった現在において、言葉や映像では表現しきれない領域についての関心はますます高まってきています…   » 続きを読む

【東京】「世界石巡礼」w/ 須田郡司氏

2009年11月6日(金) 19:00- 20:30 世界遺産登録5周年記念世界石巡礼 ― 聖なる石に出会う旅 ―巨石写真家 須田郡司宗教人類学者 植島啓司 会場: 朝日カルチャーセンター新宿教室(新宿区西新宿) ※三重県共催 聖なる場、石をテーマに撮影を続ける須田氏。世界各地のフィールドワークから、聖地は動かないとする植島氏。世界の聖なる石の写真をスライドで鑑賞しながら、石の…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 78 アルメニアン・ラプソディ

第78回「アルメニアン・ラプソディ」 01 なぜアルメニアなのか02 ミトラ教03 グルジエフ(1866-1949)。04 グルジア(ジョージア)へ ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/091104/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回 ⇒ 第21回~40回  ⇒ 第1回~2…   » 続きを読む

『熊野 神と仏』(原書房)

    著者: 植島啓司・ 九鬼家隆・ 田中利典口絵写真: 鈴木理策装丁: 川島進(スタジオギブ)株式会社原書房2009年9月30日 第1刷目次 熊野考 植島啓司(宗教人類学者) ★ 一 神仏習合 二 山岳信仰 三 いほぬし[庵主] 四 大仏開眼会 五 イザナミ 六 神仏分離令 [注] あまたの神と仏 田中利典(金峯山寺執行長) 一 世界遺産「大峯奥駈」とい…   » 続きを読む

愛・賭け・遊び 77 カサノヴァ最後の恋

第77回「カサノヴァ最後の恋」 01 ウィーン2009年夏02 シュニッツラー『カサノヴァの帰還』03 老い04 シュニッツラー(1862-1931)05 世紀末ウィーン ⇒ http://shinsho.shueisha.co.jp/column/aikake/090819/index.html 集英社新書WEBコラム「愛・賭け・遊び」 ⇒ 第41回~90回⇒ 第21回~40…   » 続きを読む